2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.02.23 (Sat)

電話

自宅の固定電話が鳴った。
私宛の電話だった。

携帯電話が大繁殖している近頃、
自宅の固定電話へ電話してくるのは
何かの勧誘、宣伝、選挙のお誘いくらいなモンです。

予想を裏切らず、珍しい人からの電話だった。
相手は、大変お世話になった取引先の社長の妹さん。
わざわざウチの電話番号を調べて掛けて下さったらしい・・
この妹さんも仕事を一緒にされていたので、よく存じ上げております。

よぴ 「ご無沙汰してます。お元気ですか?」

何気ない挨拶から始まった会話。
しばし、近況を語り合って・・・
数秒の沈黙。
そして、その妹さんから出た言葉は

  「兄が亡くなりました」


よぴ 「えっ!?  うそ・・・」
       なんてマヌケな返事。


しかも、亡くなったのは、もう2ヶ月も前の事だと言う。
やっと気持ちの整理が付いて、
「社長がよく西谷さんの事を話ていたので・・」
と、知らせて下さったのだと。

その頃、ウチの社長と先方の社長の間でトラブルがあった。
かなりの口論もあった。
しかし、客観的に見て、私にはウチに非があるとしか思えなかったので
出来る限り、力になる!と約束した。
だから会社を離れても電話なんかで、よく話しをした。

最後の電話で
「ボクは決心したよ。
 いろいろ愚痴ったりして悪かったね。
 この件がスッキリしたら、呑みに行こう!」
と先方の社長は話ていた。
もちろん、私は「是非!(^^ 約束ね。」と言って電話を切った。

妹さんの話によると、亡くなったのは
その電話をした3日後の事だったそうです。

決心=ウチとの取引をやめる、という事。
私も、その方がいいと薦めた。
出来るだけ、上手く終息できる様に努力するつもりだった。

それから2ヶ月、何も連絡が無かったので
事は上手く運んでいるものとばかり思っていた。
いつお誘いしようか・・なんて能天気に考えたりしていた。

いろんな諸事情もあり、ウチの関係の人には誰にも知らせていないらしく
私も口止めされた。
「決心」を告げた後、かなり酷い事をされたらしい。
妹さんはICUに駆けつけた時にまで
ウチの社長に、戻って仕事しろ!と命令されたと言う。
ウチの社長は、まだ先方の社長が亡くなった事を知らない。

妹さんの気持ちを考え、私も黙っている事にした。
この事をblogに書くのも迷った。
でも、会社関係の人は、あまり読んでいる人が居ない事と、
私の中で、どうしても抜け切らないモノがあって・・・
書く事にした。

もし、具体的に分かる方が読まれても
どうか知らないフリをしていて下さい。
お願いします・・・

その時の状況を涙しながら語ってくれる妹さんの話は
私に”怒り”と”ショック”を同時に与え
話しながら、タバコを片手に笑って無駄話をした場景を思い出していた。

あの社長の吸っていたタバコの銘柄は何だったかな・・?
なんて事を考えていると、自然と胸が熱くなってくる。

もともと持病のあった身体に
タバコとお酒の量を増やすストレスを
もっと和らげてあげる為に、私に出来る事があったんじゃないか?
時すでに遅し・・  ですよね。

まだ50代という若さ。



近い内に「約束」を果たしに行こう。

社長、約束したもんね。
落ち着いたら呑みに行こう!って。

待っててね。
社長の好きだったお酒を持って会いに行くからね・・・



今日のPCのディスプレイは、何でこんなに曇って見にくいのかな・・?





スポンサーサイト
EDIT  |  03:49  |  日記  |  TB(0)  |  CM(8)  |  Top↑

*Comment

■私の周りにも

 状況が同じ様な人が居た。

 私は貴女より相当に年上、其れだけに色々な人の亡くなるのを見て来た。で、結論、

 良い人は早く死ぬ・・・。

 何十人も見送って思った事です。先日も同じ事を言った。

 人生無常。
まなべ |  2008.02.23(土) 05:30 |  URL |  【コメント編集】

■鎮魂歌・・

「ボタンの掛け違い・・」・・
わざわざ・・トラブルを作ろうとしたんじゃない.
そうなってしまった.

時間があれば・・また、ボタンを掛けかえる時が
あったかも・・・・・.それが・・・
そんな修復の時さえ・・もう、与えられなかった・・・

口に出した言葉は・・・元に戻せず
ひと時の失敗は・・・取り戻せない

せめて・・・
もう戻らない・・あの時の為に・・・
あの人の為に、あの人だけの・・為に

「歌おう・・・・!」
「歌も・・・・一度の命!」

あの人の・・為に・・

「心を込めて・・思いを込めて・・
・・・・・・鎮魂歌.」
おっ |  2008.02.23(土) 07:28 |  URL |  【コメント編集】

口に出した言葉。。。
戻せないね。

後悔ばっかり。。。

なんなんだろうね
おみえどん |  2008.02.23(土) 08:20 |  URL |  【コメント編集】

そんなことがあったのですね‥‥
よぴちゃんの今の気持ち、わかりますよ。

以前にお話ししたかと思うんですが3年前に私も同じ経験がありました。
電話を取った時、知らない方からだったのでどうせ何かの勧誘だろうと思っていたら親しくしていたカナディアンの友人のお友達からで彼が不慮の事故で亡くなったと聞かされたのでした。
彼はカナダに奥さんを残して単身で京都で大学講師をしていていつも奥さんに逢えるのを心待ちにしていたのですがそれもかなわなかったのが私としてもすごく悲しい思いでした。
そのちょっと前に一緒に食事をした時に今度は一緒に森へ行こうなんて話をしていた矢先の出来事なのでした。

その晩はよぴちゃんのライブでこんな時にどうしてよいかわからず迷っていたのですが悲しみにくれているとヤツも悲しみそうなので、予定どおりライブにおじゃましていつもの自分に戻ったのを思いだします。
よぴちゃん、その社長はずっとよぴちゃんの心の中に生きているはずですよ。
げんごろう |  2008.02.23(土) 10:59 |  URL |  【コメント編集】

■response

>まなべさん
良い人は早く死ぬ・・・
本当に「人生無常」なんですね。
まなべさんの言葉を読んで、また悔しい思いが・・
やり切れない。


>おっとちゃん
今の私には
「ボタンの掛け違い」だと思う事が出来ないでいます。
せめて、修復する機会があれば・・
と思ってくれる事を祈りたい。
私の気持ちが落ち着いたら
「一度の命」を届けたいと思います。
代わって、ありがとう。


>おみえ
なんなんだろね・・ホントに。
出したモノは元に戻せないんだ。
だけど、それも人生の1ページ。
「今日を生きている奇跡」を考えたよ・・・


>げんちゃん
突然の訃報は、誰であっても辛いね。
何故か笑ってる顔しか思い出せない。
そこに外的要因が加われば、尚更。
自分に出来る事をやったか?と問うてしまいます。
それが、その方の寿命だったのだと
自分の中で整理できるまでには・・・
まだ時間が掛かりそうです。




よぴ |  2008.02.24(日) 04:51 |  URL |  【コメント編集】

■重いなぁ~

辛いなぁ~
しんどいなぁ~

あまりにも突飛な…
起こるはずも無い様な…
訃報にはマヌケとも思える反応しか出来ません

僕も今まで何人か友達を亡くしてますが
同じ様に『うそぉ!』でした
信じられない事が起こると…
悲しいかなバカ返事になるこの不甲斐無さには
我ながら呆れています

よぴの場合それぞれの立場の思いが見えるだろうから
なお一層思いが募るヤロね

腹立たしい事もあるだろうけど…
「公」と「私」を巧く分けて考えてください



冷たい言い方やけど
これも『運命』と思って早く立ち直ります様に…

ム~ヤン |  2008.02.24(日) 17:38 |  URL |  【コメント編集】

■一流の人

いつも、このブログでは「おちゃらけモード」ですまないです。

仕事の中で生まれた絆だけに、
つらいやりきれない気持ち、心中お察しいたします。

おいらも昨年大切な人の死に目を見ました。
おいらの「鯖の道」について
バックアップしてくれた針畑の長老。
もし「鯖の道」が企画出版の話があった暁には
達筆な筆で「題字」をお願いしようと
思った矢先の出来事でした。

針畑の在所では強い影響力と
厳しくも暖かいそのお人柄は
みんなに信頼されておりました。

連絡は受けたときはめちゃめちゃショックで
「まだ、ご恩返ししていないのに…」
と目の前が真っ黒になっていました。

日記を読む限りではありますが、
その社長さんは「一流の人」ですな。

一流の人というのは
単に事業がうまくいっているとか
作品が評価されているとか
そういうことではないと思います。

ベースにあるのは
人との信頼や絆を大切にする事とか
自分の言動に責任をもつとか
そういうゆるぎない人格を持っている人の事だと
おいらは思います。

それから考えると
その社長さんは「真実」を大切にする
立派な人格者なんだなあ~と思います。

確かに社長さんはすでにこの世にはおられませんが、
その人との絆はずっと永遠であり、
ねえさんの心の中にいつまでもつながっていることでしょう。

どうか、安らかに…。
針畑の流浪人 |  2008.02.24(日) 19:08 |  URL |  【コメント編集】

■response

>ム~ヤン
ううん。
冷たくなんかないよ。
そうなんよね、現実は現実として受け止めないと・・
そう思います。
こんな文章で、これだけ読み取ってくれて、
ありがとう。
マヌケな返事も、後悔しなくて済みそうです・・


>針流さん
そう言うて頂くと、
きっと社長もニンマリしてると思います。
確かにそうです。
今のこの業界、儲けなんて本当に薄い。
妹さんのお話でも「仕事が趣味」みたいな方で
お金より絆、そんなタイプの人でしたよ。
ゴメン・・・。
たくさん貴重なお話を書いてくれたのに
書けば書くほど、思い出してしまいそうなので
簡単なレスで・・・申し訳ないです。
ありがとうね。


よぴ |  2008.02.25(月) 03:01 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。